カビィくん、今日で生後1ヶ月と20日なんだけど(まだ2ヶ月経ってないのかYO!)、
プレイジムに置くと、そこで一人遊びをしてくれるようになった!
しかも1時間もー!
「あー」「うー」とか声発しながら、手足バタバタさせながら。
これってすごい進歩!嬉しい!!!
今までは2、3時間おきに、起きる→泣く→ダイパーチェンジ→お○ぱい→寝かしつけ、の繰り返しだったのが、
遊んでくれるもんだから、その間に姫は日本のバラエティ見たり、ネットサーフィンしたり、ちょっと自分の時間がもてるようになった。
こうやって少しずつ少しずつだけど育児が楽に、そして楽しくなっていくんだな♪


『Gabriel Kreuther(ガブリエル・クルーサー)』@NYC(Midtown West)
DSC00865.jpeg

ヨーロッパやアメリカにある数々のミシュラン星付きレストランで腕を磨き、ニューヨーク近代美術館『MOMA』内にあるレストラン『The Modern(ザ・モダン)』で星を獲得させた凄腕シェフ、Gabriel Kreuther(ガブリエル・クルーサー氏)のお店。
オープンするやいなや、ミシュラン一つ星を獲得した話題のフレンチレストラン。
DSC00866.jpeg

メニューはコースのみ。
Four Course Prix Fixe(4コース・プリフィクス)$142.00
を、いただきました。

ほっかほかの焼きたてセーボリー系クグロフ。これにふわふわフロマージュブランをディップするパンが最初にサーブされる。
DSC00868.jpeg

アミューズブーシュ3種。
セロリのスープ、フォアグラコロッケ、
アミューズブーシュからいきなり高得点!一つ一つ手が混んでいて美味しい♪
DSC00871.jpeg

姫、New Zealand Langoustine Carpaccio(ラングスティーヌ・カルパッチョ)
ラングスティーヌを生で食べれるなんて〜♡ そこにウニですよウニ。ほんのり柚子の香りがしてめちゃくちゃ爽やか。奥のグラスの中は、ウニ?フォアグラ?あん肝?ラングスティーヌ出汁?実はよくわからなかったんだけど、この4つを合わせたような濃厚ムースで超美味!でした。
DSC00876.jpeg

くまちゃん、Compressed Hamachi(コンプレスド・ハマチ)
これはまた食べたい衝撃的な一品。脂の乗ったハマチの間にフォアグラテリーヌとブラックトリュフ。フォアグラと生魚なんて喧嘩しそうなのに、見事なマリアージュ。天才。
DSC00873.jpeg

ここは新しい料理が運ばれるたびにパンがサーブされるの。
これは外パリッパリで中ほわっほわの絶品バゲット。
DSC00879.jpeg

次の料理〜♪
DSC00880.jpeg

姫、Grilled Monterey Abalone(グリルド・アバロン)
グリルされたアワビ、マスの卵、カリフワラーマッシュルーム、そこにポテトベースのローズマリースープ。
コリコリアワビ、プチプチ卵、食感が楽しいマッシュルーム、滑らか舌触りなスープ。素晴らしいバランス。
DSC00882.jpeg

この店の人気の一品、
くまちゃん、Sturgeon & Sauerkraut Tart(スタージャン&ザワークラウト・タルト)
チョウザメとザワークラウトタルト、そしてアメリカンキャビア乗せ♡ このタルト、最初ガラスがかぶさってたんだけど、それをウェイターさんが持ち上げると、アップルスモークの煙が立ち上るっていうにくい演出あり。
DSC00884.jpeg

感動した3つ目のパン。
ほかほかローズマリーのパンにチリガーリックのラード。このラードが奥深い味わいでうまーい!まるで豚の身そのものを食べてるようなボリューム感。普段パンを食べないくまちゃんの食いつきが半端なかった。これはもちろん姫ご飯ですぐに再現しましたよ。
DSC00885.jpeg

ラストのお料理〜♪
DSC00886.jpeg

姫、Berkshire Pork Tenderloin(ポーク・テンダーロイン)
火入れ加減が絶妙な柔らかい豚フィレ肉。レッドキャベツの下にはビールでほろっほろになるまで煮込まれた豚頰肉の煮込み。そしてちょっと見えづらいけど、奥にある黒い物体はブーダンノワール(豚の血ソーセージ)。豚トリオ♡
DSC00888.jpeg

くまちゃん、Long Island Crescent Duck Breast(ダック・ブレスト)
『The Modern』の鴨も超絶品失神だったけど、こちらも負けてません(まぁ、あのモダンをミシュラン星獲得までもっていったシェフですから)。鴨肉の美味しさはもちろんなんだけど、これに添えてある皮!そうこの皮がすごい!鴨の旨味香りをぎゅーーーーーーっと閉じ込めたパリッパリの皮♡ この皮せんべい売ってくれません?
DSC00894.jpeg

この鴨料理には箸休めの根菜のピクルス付き。日本のなますのような味だったな。
DSC00895.jpeg

いやぁ、もうとにかく大満足。
ここまで料理が美味しいとデザートも気になる気になる。
アバンデセール。
DSC00896.jpeg

姫、Comfort・Caramel Pear(キャラメル・ペア)
DSC00904.jpeg

どちらも盛り付けがアーティスティックで素敵!

くまちゃん、Decadent • Chocolate Caramel(チョコレート・キャラメル)
DSC00902.jpeg

そしてプティフールは、チョコレートとマカロン。
ここのチョコレートはとにかく絶品。このレストラン隣にチョコレート専門店をオープンさせたほど。プライシーなので、それをプティフールでいただけるなんて嬉しいかぎり。
DSC00906.jpeg

ダイニングエリアのすぐ隣は、バー&ラウンジエリア。
妊娠27週のお姫。懐かしい。。。
DSC00909.jpeg
↑アメリカでこの腹では妊婦だと思われない、、、。


レストランの雰囲気、内装、料理、サービスと、どれをとっても満点満点でした。
『The Modern』同様、ここもリピしたーーーーーーい!!!!


とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
スポンサーサイト
NYグルメ-フレンチ | コメント:(4)
夜中にオムツ替えでおてぃっこ噴水され、床ビショビショ、自分ビショビショ、
その後授乳して寝かしつけ、やっと寝れるー!と思って目つぶったら、
ぶーーーーりぶりぶりぶりー!!!と豪快な爆音とともにうんてぃされ、
朝から萎えまくりの姫です、よろしくどうぞ。


39歳のお誕生日祝いに、くまちゃんがとっておきのレストランを予約してくれました♡
(ちなみに誕生日当日は『Peter Lugar』で肉三昧♪)
10年以上ミシュラン3つ星を連続獲得してるあのセレブリティシェフ、Jean George(ジャン・ジョルジュ氏)のレストラン、
『Jean-Georges(ジャン・ジョルジュ)』@NYC(Upper West Side)
DSC00578.jpeg

37歳の誕生日ディナーにこのレストランのお隣『Nougatine At Jean-Georges』に行ったんだけれど、やっと、やっとやっと本家に足を踏み入れることができた。♪
DSC00615.jpeg

さて、お料理いきましょうか♪
3種類あるパンは小ぶりでどれも美味しい。バターも美味しい。
DSC00581.jpeg

アミューズブーシュ。
フライや、塩分強めなスープが。あぁ、酒、酒が飲みたくなる。
DSC00582.jpeg DSC00583.jpeg

Jean-Georges's Menu($218.00)をオーダーする予定が、色々とプランが狂っちゃったので、
Prix Fixe Menu($138.00)にしました。

姫、Foie Gras Brûlé(フォアグラ・ブリュレ)
これ間違いないでしょ。クリーミーなフォアグラをブリュレに♡
DSC00585.jpeg

くまちゃん、Raw Sea Trout(シー・トラウト)
これ美味しかった!鱒の刺身にたっぷりの鱒の卵。カリッカリに揚げた鱒の皮トッピング。レモンの泡泡ソースはかなり強めの酸味でこれが脂の乗った鱒を上手に包んでくれてる感じ。ほとんど姫が食べちった。
DSC00586.jpeg

姫、Diver Scallops(ダイバー・スキャロップ)
甘味のあるホタテはふわっとぷりっと。酸味、甘味のバランスが抜群のケイパー・レーズンソースが合う合う!
DSC00590.jpeg

くまちゃん、Caramelized Foie Gras(キャラメライズド・フォアグラ)
とろ~っと濃厚なフォアグラ。毎日でも食べたいフォアグラ。裏切らない美味しさですな。
DSC00593.jpeg

さぁ、メインディッシュ!
姫のメインディッシュは目の前で仕上げてくれました♪
DSC00594.jpeg

姫、Muscovy Duck Breast(ダック・ブレスト)
あらら、本日3度目のフォアグラ♡
焼き加減とかアマレットソースとか、さすがの3つ星。ただ、かなりゲイミー(鉄分が多く、臭みがあり、野生的な味)。姫はジビエとかこういう独特の臭みが大好物だから大歓迎だけど、3つ星ではあまり受けが良くないんじゃないかなーなんて思いますた。
DSC00595.jpeg

くまちゃん、Dry Aged Sirloin(ドライ・エイジド・サーロイン)$25.00追加料金
サーロインの表面はパルメザンのクラスト。そしてちょっとエスニックちっくなスパイシーソース。正直、このお肉いまいちでした。すっごくかたかったの。。。うーん、、、残念。。。
DSC00597.jpeg

甘党姫のお時間、デザートです♡♡♡
姫、Grape(グレープ・テイスティング)
DSC00601.jpeg

くまちゃん、Chocolate(チョコレート・テイスティング)
DSC00602.jpeg

デザートだけど、ここで一つ問題が。
ぶどうをあれこれ楽しめるデザートだったんだけど、一つお酒の入ってるものがあったのね。普通は(3つ星レストランレベルなら)他のものをプレーティングすると思うよね。でもその酒入りデザートを抜くだけ、でした。なんか損したきぶんー。他のにすればよかったー。

そして最初に散々、アルコール、カフェインはNGと伝えてるにもかかわらず、
サービスのバースデーケーキはアルコールしっかり入ったカフェイン満載チョコーレトケーキでしたw
DSC00612.jpeg
(これは持ち帰りしてくまちゃんが食べました)

プティフール。
DSC00614.jpeg

なにはともあれ、素敵な空間でのお食事、すっごくすっごく嬉しかったし楽しかった!
くまちゃん、ありがとうね♪
DSC00610.jpeg

最後にこのことも書いておこう。
最初のメニュー選びに狂ったってことだけど、
ここのシグニチャー的メニューでもあるキャビア料理(エッグ・キャビア)。
ヴォッカクリームを使ってるから、ヴォッカは抜いてとお願いしたの。これはOK。
次にキャビアは塩漬けではなく、低温殺菌されてるものかを聞くと(低温殺菌のキャビアは妊婦OK)、、、
わからないからと厨房に聞きに行き、答えは「わかりません」とのこと。おーい、どんなキャビア取り扱ってるかも知らないのかー。普通に妊婦にこの塩漬けキャビア食べさせてんのかー。
つことで、ジャン・ジョルジュで一番食べたかった「エッグ・キャビア」食べれず。無念。

あと、もう一つ。
スパークリングウォーターなんだけど、まるで無料なの?っていうくらいジョボジョボ注ぐの。
気づかぬうちに勝手に2本目が開けられていて、もちろん2本は飲めなくて、たっぷり残した状態で、しっかり24ドルチャージ(1本12ドルね)されてた。
普通1本目が終わったら、「次どうされますか?」って聞かない?
12ドルくらいでケチケチ言うなって言われるかもだけど、なんか納得いかなかった。こういう不満って庶民の感覚なんでしょかね、、、。

ジャン・ジョルジュ氏のレストランは結構行ってるんだけど(5レストランくらい)、
本家3つ星よりも、彼の系列店の方が、満足度が高い。
系列店はリピってるけど、ここはないかなー。
あぁ、「エッグ・キャビア」食べれなかったのが今でも悔い残るなー。
やっぱまた行くべきなのかなー。かなかなー。

とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
NYグルメ-フレンチ | コメント:(6)
カビィくんの夜泣きが半端ないー!(夜から朝までビッシリ泣くぜ。ママも泣きたいぜ。)
私の腕の中でしか寝てくれないー!
食事中も常に抱っこ。
いつまでこの生活が続くんだろう、、、。あぁ、、、。


NYのセレブリティシェフ、Jean-Georges(ジャン・ジョルジュ氏)のレストラン、
『Perry St(ペリー・ストリート)』@NYC(West Village)
DSC00662.jpeg

ハドソン川沿いに建つ全面ガラス張りの高級コンドの1階にお店はあります。

白を基調とした清潔感ある店内、とっても癒される空間。
ダイニングもバーも満席御礼。家族連れも多く賑わってました。
DSC00660.jpeg

ブランチメニューは、アラカルトもあるけれど、
今回は、前菜、メイン、デザートが選べるプリフィクス29ドルコースをいただきました♪

料理は、フレンチベースにアジアンテイストをミックスしたフュージョン料理。
日本人には馴染みある料理が楽しめちゃいます。
DSC00643.jpeg

くまちゃん前菜、Fried Calamari(フライド・カラマリ)
さくっさくに揚げられたイカのフライ。ふわふわフォームの柚子ソースが超爽やかで、めちゃくちゃ美味しい。独り占めしたいくらい好きー。ビール欲しー。
DSC00644.jpeg

姫前菜、Salmon Sashimi(サーモン刺身)
肉厚でフレッシュなサーモン。ピリ辛醤油ベースソースにライムの酸味が効いたアボカドムース。美味しー。ワイン欲しー。
DSC00646.jpeg

くまちゃんメイン、Black Truffle Burger(ブラック・トリュフ・バーガー)
見た目シンプルですが、中の具はさすがのジャン・ジョルジュ氏のレストランって感じ。トリュフ入りパテ、ブリーチーズ(バーガーにブリーって珍しいよね)、柚子ピクルス。ちょっとジューシーさには欠けてたかな。
DSC00649.jpeg

姫メイン、Perry St Fried Chicken(ペリー・ストリート・フライド・チキン)
胸肉ともも肉が両方楽しめるフライドチキン。ここのフライドチキン有名なんだよね。
スパイシーなスコッチ・ボンネット・ソースが食欲そそる。揚げ物大好物、100皿食べたい。
DSC00655.jpeg

デザートは、キャロットケーキとフォンダンショコラ♡♡♡
DSC00658.jpeg

料理はどれも美味しかった♪
サービスもきびきびとしていて気がきくし、気持ちよい。
リーズナブルにジャン・ジョルジュ氏の料理が食べれて大満足ー!

(酒があったらもっと満足ー!)


お義母さんから「しっかり食べなさい」と愛情こもったご飯が送られてきた。
お米ギュウギュウに握られたボリューム満点お稲荷さん、太巻き、お赤飯、、、。
いったい米何号炊いてくれたのか、、、。
きんぴらごぼう、酢の物、納豆、パウンドケーキ、etc.。。。
さすがの私でもこれを消費するのには時間がかかるw でもすっごくすっごく嬉しいギフトでした。お義母さん、ありがとうございまーーーーっす!!!
DSC01935_20170302063204535.jpeg


とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
NYグルメ-フレンチ | コメント:(14)
とある先週の夜に、姐さんと女子会しました♡
2016年にオープンしたばかりのできたてホヤッホヤのワインバーへ。
『Ruffian Wine Bar & Chef’s Table(ラフィアン・ワインバー&シェフズ・テーブル)』@NYC(East Village)
DSC05832.jpeg

オープンして1週間も経ってないから、まだまだ知られてないお店。
お客さんはうちらの他に男性お一人様でした。

バーカウンターオンリーの細長いこじんまりとした店内は、オーナーの奥様があれこれデコレーティングしたそうな。奥に見える馬の絵も奥様が描いたんだって。めちゃ素敵ー♪
DSC05834.jpeg

まずは女子会らしくバボーから♡
DSC05837.jpeg

Marinated Mussels(マリネイテッド・マッスル)$8.00
マリネしたムール貝をクリーミーなアイオリソーストーストに乗せてぱくりっと。ちょっぴり酸味があるけれど、コクがあっていきなりめちゃくちゃ美味しい。
DSC05838.jpeg

ワインはオーナー兼ソムリエのPatrick(パトリック氏)に聞いてオススメをお願いしよう♪

色々と好みを伝えて出していただいたのは、ミディアムボディのポルトガルの赤ワイン。コルクにてんとう虫が乗ってるキュートなやつ♡
DSC05840.jpeg

Roasted Beets$11.00(ローステッド・ビーツ) Cheese Souffle(チーズ・スフレ)$11.00
ローストされたビーツの甘いこと!イクラととびっこトッピングの贅沢オサレサラダ。そしてふわっふわふわっふわなチーズスフレ♡
DSC05841.jpeg DSC05844.jpeg

Pork & Shrimp Vindaloo(ポーク&シュリンプ・ビンダルー)$14.00
これは是非とも食べていただきたい一品!通常ビンダルーは激辛カレー料理だけど、おフランスの風が流れ込んでフランス人が作るインド料理のようでかなりマイルド。美味し〜♪が止まらな〜い♪
DSC05843.jpeg

そうそう、こちらのお店、料理は基本フレンチベースなんだけど、地中海やインドのテイストを加えてる料理が多いの。だから↑のビンダルーとか、フレンチっぽいシチューのようだけど、味はインド、みたいな。

Quail(クェイル)$15.00
これもやばかったな。火の入れ加減が絶妙。弾力あるウズラ肉は噛みしめるほどにウマーミがこみ上げてくる。最高。
DSC05845.jpeg

女子二人キャッキャしてたら、いつの間にかオーナーのパトリック氏も加わり、ワインをあれこれ出してくれた。
DSC05846.jpeg

最初店に入った時に店内ガラーン、シーン、みたいな感じで、「やべ、外した!」って心配してたけど、のんのんのん、大当たりでした。
DSC05847.jpeg

料理、ワイン、雰囲気、すっごく良かった!
んで、最初の店内の写真に写ってる手前二人の男性がシェフです。あのちっこいカウンターですべてのお料理作ってます。しかも料理は毎日変わるんだとか。すごー。

実は、この日の女子会は女子会だけでなく、、、、
同じイーストビレッジエリアで男子会も開催されてました。

2軒目から合流〜の予定が、男子会が押し押しだったから、
一杯バーで飲んでこうってなって、、、

「歩いて30秒のところにKyoyaさんがあるじゃなーい!」

つことで、来ちゃった♡♡♡
IMG_3066.jpg

ビール一杯で帰ります、とか言っておいて、、、

あん肝♡
DSC05850.jpeg

にーうーーーーー♡♡♡
DSC05855.jpeg

で、ポン酒。てへ。
DSC05857.jpeg

Sonoさん、いろいろいろいろとありがとうございましたー。
ぶちゅーーー♡

で、ドイツレストランで合流して、リットルをぐびぐびーーーーっとしたのでした。
IMG_3065.jpg


とってもとっても楽しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
NYグルメ-フレンチ | コメント:(4)
ニューヨーカーだけでなく多くの食通たちが通う本格懐石レストラン『Kyo Ya(饗屋)』さんの2号店が本日オープンします♪

饗屋さんと言えば、ニューヨークタイムズで3つ星レビュー、そしてミシュランでは1つ星を獲得してる名店。
その2号店とくれば、誰もが注目すること間違い無しでしょう!

『Autre Kyo Ya(オートル・キョーヤ)』@NYC(East Village)
DSC04494-1.jpeg

Autreとは、「もう一つの」とか「別の」という意味。
「もう一つの」饗屋さんは、フレンチ懐石のレストラン。
DSC04498-1.jpeg

先週のハナキンにレセプションが開催され、いつものメンバー、姐さん夫婦、KENちゃん、Aさんと行ってきた。(姐さん夫婦とは3週間ぶりー!久しぶりー!ぶちゅー♡)

ドラフトはウィート、IPA、ピルズナーの3種類。
ワインは、スパークリング、白、ロゼ、赤と10種類ほど用意されていて、あれこれいっぱいいっぱい楽しませていただいた♡
DSC04500.jpeg
ワインリスト見ればよかったなー。やっぱりフランスワインが多いのかな。

料理はどちらかと言うと和食よりだったな。実際のメニューはもっとフレンチフレンチしてると思われる。

カラフルなお野菜を使ったピクルス、北京ダック風揚げ春巻き。
DSC04502.jpeg DSC04514.jpeg

ポーク&ダックパテ。あぁ、これ間違いない。ワイン進むわー!
DSC04505.jpeg

胡麻の香りに食感が楽しい胡麻豆腐は優しい美味しい出汁と一緒に。これは日本酒ー!
DSC04509.jpeg

オクラとジュレのトマトコンポート。
これもかなり和食テイスト。優しい味わいなのよ♡ 日本人は大好きだけど、このネバネバのドゥルドゥルは外人さんはどうなんだろう。
DSC04511.jpeg

つくね、出し巻き卵、ローストビーフ、鰻サンドイッチ、サーモンの押し寿司、笹の葉で包んであるのは雲丹入りの何か(すいません、ちゃんとわかってなくて)
食材にもこだわり、見た目も綺麗で美味しくて、絶対外人さんに受ける。姫もこういうのちょいちょいつまみながらお酒飲むの大好きだもの。
DSC04512.jpeg


饗屋さん、2号店オープンおめでとうございます!
今度ゆっくりお邪魔させていただきまーーーす!!!

(日本のベーカリーが楽しめる『Panya』さんのお隣です。)


とってもとっても楽しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
NYグルメ-フレンチ | コメント:(4)
 | ホーム | Next »