FC2ブログ
シカゴの夏は暑いの知ってるけど、
こんなに暑かったっけな。
今日は34度まで上がって、木曜あたりには38度なんだけど。
冬はマイナス20度とかになるし、、、もうちょっとうまいこと調整できないですかねw


それではそれでは、
『Per Se』の続き参りまーす♪
IMG_5002_20190716073230a0d.jpg

Milk-Fed Yorkshire Porcelet(ポルスレ)
ぱりっぱりに香ばしい皮とトロトロ豚バラ肉には四川山椒を使ったピリッと刺激のあるソース。中華風だけどしっかりフレンチなところはさすが。
DSC04788.jpeg

Saddle Of Elysian Fields Farm Lamb(ラム)
嬉しいシカゴ育ちのラムちゃん♪
火入れが天才的♡ めちゃくちゃ柔らかくて上品なラム肉の香り。もっと食べたーい!
DSC04794.jpeg
追加100ドルで宮崎和牛も選べたけど、仲良くラムを。

Gougere(グジェール)
ふわっと口当たりの軽いシュー。これに熟成グリュイエールチーズと黒トリュフを使った濃厚チーズソースがベストマッチ。ワイン進むー。
DSC04795.jpeg

Assortment Of Desserts(デザート)
パーセ名物デザート盛り合わせ。女子は絶対テンションあがるやつ!!!
プチケーキも、ナッツのチョコレートタルトも、マカロンもアイスクリームもとにかくどれもこれもあれもそれも全部美味しすぎるの。ずっと目がとろ〜んなっちゃう♡
DSC04797_20190716073224f24.jpeg

特に一押しは、これ。
冷たいカプチーノ・セミフレッドに熱々のシナモンシュガー・ドーナッツをディップして食べるやつ。もちろんくまちゃんの分も全部食べちゃう♡ ほろ苦いコーヒーと甘いドーナッツのハーモニー。あぁよだれ♡
DSC04799_20190716073225503.jpeg

こちらも名物宝石チョコレート。
DSC04801_20190716073227156.jpeg

姫は冒険せずに美味しいナッツ系の選んだけど、
くまちゃんは「ジンジャー豚骨ラーメン」! これチョコレートなんだけど、本当にまんまジンジャー豚骨ラーメンの味だったの。そして美味しいっていうね。パティシエの冒険がすげいって思った。
DSC04805.jpeg

NY最後のレストラン、いい思い出になりました。
IMG_5003_201907160732314d7.jpg

2時間半じっと大人しくしてくれたカビィくん、ありがとう♪
そしてこんな素敵空間で最高級の料理をご馳走してくれたくまちゃん、本当にありがとう。

そろそろ「愛 LOVE New York」終わっちゃうなー。
なんかさみしいなー。


ぽちお願いします♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村



とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
スポンサーサイト



NYグルメ-フレンチ | コメント:(6)
ニューヨーク最後のレストランはここって決めてた。
もちろんカビィくんも一緒。
ミシュラン1つ星も2つ星もなんなくクリア(大人しくしてくれた)できたから、
カビィくんが出来る子だと信じて思い切って予約しちゃった。


Per Se(パー・セ)』@NYC(Midtown West)
DSC04828_20190710221208e5f.jpeg

前回の訪問はこちらです←

2019年度版のミシュランガイドでも見事3つ星獲得です。
おめでとうございます!!!

前回同様目の前に広がるのはセントラルパークとコロンバスサークル。
最後になるかもしれないからこの景色をしっかりと目に焼き付けとく。
DSC04766.jpeg

まずはアミューズから、、、
DSC04755.jpeg

今回もChef's Tasting Menuをいただきます。
お値段お高級の、$355.00。(2017年訪問からお値段30ドルアップ)

最後に家族3人で来れてよかった♪
IMG_5001.jpg

一品目はシェフのシグニチャー料理の、
Oysters and Pearls(オイスター・アンド・パール)。
2度目でも感動してしまう美味しさ。
DSC04757.jpeg

次は2つの料理から選べるので、
くまちゃんは、Degustation De Petit Pois(デギュスタシオン・デ・プティ・ポワ)
豆のサラダ。自家製リコッタチーズがあっさりクリーミーでとても爽やか。
DSC04773_20190710221219cc4.jpeg

姫は30ドル追加しまして、大好物のこの子を、
Hudson Valley Moulard Duck Foie Gras(フォアグラ)。
6種類の塩で味変しながら楽しく美味しく。
DSC04770.jpeg

もう何もいうことはありません。ただただ幸せな味♡♡♡
DSC04769.jpeg

"Pave" of Montauk Tilefish(モントーク・タイルフィッシュ)
ふわっふわの甘鯛とリードヴォー入りのラビオリ。ラングスティーヌ出汁のクリーミーソース。
これダミだ、フランスのこれ系のソース、軽く失神しちゃう。
DSC04775.jpeg

Delaware Soft-Shell Crab(ソフトシェル・クラブ)
さくふわ♪っとした食感のソフトシェルクラブ。優しい海の香り。そしてアスパラがシンプルに美味しい。
DSC04778.jpeg

Bread and Butter(ブレッド・アンド・バター)
バターの濃厚な香りがぶわーっと。パンの中央には燻製パプリカのピュレ。
ご馳走感がすごいパンとバター。
DSC04779.jpeg


写真が多いので次回に続きまーす。


今日のシカゴは気温34度。
シカゴは寒いと思われてるけど夏は普通に暑いですよーう。


ぽちシルブプレ♡
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村


とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
NYグルメ-フレンチ | コメント:(2)
前回の続き、、、
DSC05421.jpeg

Montauk Dayboat Scallops(スキャロップ)
周りは香ばしく、中は半生のプリッとした帆立。パプリカの旨味が凝縮されたロメスコソースと甘味のある帆立がよく合う♪
DSC05420.jpeg

ここで初めてパンが出てきた。
"Bread and Butter"(ブレッド&バター)
アップルウッドを使用した燻製ベーコンとオニオンが練りこまれたブリオッシュ。軽やかな口当たりでさくっ、そして濃厚なバターの風味、ベーコンの香り。バターもバーモント州にある『Animal Farm Orwell』さんのもの。本気で100個食べたい美味しさ。
DSC05422.jpeg

Salmon Creek Farms Pork Jowl(ポーク・ジャウル)
ほろほろと口の中でほどけてく豚トロ、その上にはトーストしたコーンケーキ。フォアグラとトリュフを加えた芳醇なソース、ペリグルディーヌ。パンチの効いた力強い料理。好物すぎ♡
DSC05423.jpeg

Marcho Farms Nature-Fed Veal "En Crepinette"(ヴィール "アン・クレピネット")
仔牛を豚の網脂で包んで焼いたもの。玉ねぎの甘味とピクルスの酸味を合わせたシャルキュトリーソース。はい、文句なしに美味しいです。最後のディッシュを軽めに仕上げてあるのも計算なのかな。
DSC05425.jpeg

豚トロといい、仔牛といい、ソースがクラシックなザ・フレンチ!
こういう王道を求めていたんだな。
ずっと感動してた。

"Gougere"(グジェール)
熟成グリュイエールチーズを使ったシュー。パー・セさんの手にかかると、グジェールも立派な料理だわ。
DSC05426.jpeg

最後のデセール。
Nectarine "Consomme"、Spearmint Ice Cream、Guanaja Chocolate "Financier"
どれもこれも美味しすぎて、ずーっと目が♡ シェフのシグニチャーとも言えるデセールが右奥のクリームコーヒー・セミフレッドとシナモンがたっぷりまぶされた熱々のドーナッツ。ドーナッツをクリームコーヒーにディップして食べるの。もうねぇ、天にも昇る失神級の美味しさ甘さ。甘党姫の今年一番スイーツはこれですわ。
DSC05432.jpeg

自家製キスチョコには Happy Anniversaryの文字が。
さりげなくてこういうの好き。
DSC05431.jpeg

最後にキラキラ輝く宝石がやってきました。
これチョコレート。8種類のテイストが楽しめます。見た目だけでは味が全く想像できないものばかり。ワクワク度が増すね。
DSC05433.jpeg

最後に、「よかったら厨房へご案内します」と言われたので、
喜んでお邪魔させてもらいました。
美味しい料理は綺麗なキッチンから作られる。本当に綺麗。皆さん黙々とお仕事されてました。
DSC05435.jpeg
この後、プライベートルームとかワインセラーとか店内をツアーしてくれました。

写真まで撮ってもらっちゃった♪
DSC05440.jpeg

ここに来なかったのはやっぱり値段に引っかかっていたから。
325ドルも出す価値あるか?と思っていたから。

ありました。
ここにはその価値が十分にありました。
スマートなサービス。
高級感はあるけれど、落ち着いた雰囲気のダイニングルーム。
一つ一つ手の込んだ、お客さんを魅了させる極上の料理の数々。
食事を終えた時の、幸福感。

絶対にリピートしたい店トップ3に入ったよ。
また来年とか行けたらいいな。


とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
NYグルメ-フレンチ | コメント:(10)
今さらなんだけど、、、
結婚記念日のランチをアップします。

9月上旬に義両親が来てくれた時に、デートの時間をくれまして、
できなかった結婚記念日(8/8)を2人でお祝いして来た。

『Per Se(パー・セ)』@NYC(Midtown West)
DSC05387.jpeg

NYの最高級フレンチと言われてる『Per Se』。
場所は、コロンバス・サークルの傍に建つタイム・ワーナービル4階にあります。
ミシュラン三ツ星を誇る名店。
(先日発表されたミシュランガイドでも見事3つ星獲得!おめでとうございます!)

シェフは、あのカリフォルニア州ナパにある『French Laundry(フレンチ・ランドリー)』のオーナーでもあるスーパーセレブリティシェフ、Thomas Keller(トーマス・ケラー氏)。

天井が高く、ナチュラルな内装の洗練されたダイニングルーム。
案内された席は目の前がセントラルパーク♪
DSC05393.jpeg

結婚記念日だと言うことを伝えていたら、シャンパンのサービス。
店員さん全員から「Happy Anniversary」とさりげなく声をかけてくれた。
DSC05391.jpeg

結婚9周年目。
くまちゃん、これからもよろしくね♪
DSC05397.jpeg
髪おろしたの、アクセサリーつけたの、どんだけぶり(涙)

ワインリストを見ながら、アミューズをいただきます。
DSC05398.jpeg DSC05400.jpeg

あまりにもシャンパン美味しくて、ぐびぐびーっと飲んじゃったらおかわりまでくれた。
さすが3つ星さん、太っ腹ですな。

お料理は、2つのメニュー(季節の野菜コース、シェフのテイスティングコース)を日替わりで提供しています。
もちろんお野菜のコースはいただきませんので、
Chef's Tasting Menuを。
お値段もお高級の、$325.00。

大事にいただきます。

Chilled Fennel Soup(冷製フェンネル・スープ)
林檎とマルコナ・アーモンド入りの爽やかな冷たいスープ。
DSC05401.jpeg

林檎のシャキッと感、マルコナ・アーモンドのカリっと感、バジルシードのプチプチ感が楽しめる。スープってこんなに美味しいものでしたっけ?
DSC05403.jpeg

シェフのシグニチャー料理、
Oysters and Pearls(オイスター・アンド・パール)。
インスタにも書いたけど、
濃厚クリーミーなサバイヨン、海のミルクオイスター、そしてぷりぷり食感の優しい磯の香りが漂うキャビアが口の中で極上のハーモニーを生み出すの。もうねぇ、これは食べなきゃダメな逸品。
DSC05405_20171031005159fd5.jpeg

Clams & Mussels(クラム&マッスル)。
炙ったクラムとムール貝。添えてあるのは、マイヤーレモンとオリーブのピュレ。いいつまみ。
DSC05406_20171031005200f00.jpeg

Coddled Ameraucana Hen Egg(コドルド・アメローカナ・ヘン・エッグ)
アメローカナ鳥の半熟卵と蟹のグラタン。めちゃ濃厚クリーミー。なのに繊細な味わいでとろける。添えてあるブリオッシュもバタリーで美味しすぎ。
DSC05408.jpeg

お次の料理は別々のものを。(他にも選択する料理はあったけど違ったのはこれだけ)
くまちゃん、Salad of Compressed Summer Melons(サマー・メロン・サラダ)。
なんて美しいサラダなんだ。野菜一つ一つの味がしっかりしてて、濃い。
DSC05415.jpeg

姫、"Torchon" of Elevages Perigord Moulard Duck Foie Gras(フォアグラ・テリーヌ)。
DSC05412.jpeg
こちらの料理は追加+$30.00。

6種類の塩でいただきます。
DSC05410_20171031005245a24.jpeg

口の中ですーっと溶けてく超絶滑らかなフォアグラテリーヌ。こんなに美味しいのは初めて食べた。
なくなるのが悲しくて、貧乏くさくちびちび食べちゃったよ。

Mediterranean Lubina "En Ecailles De Pommes de Terre"(メデイテレニアン・ルビナ)。
スズキのソテーにカリッと焼いたポテトを鱗に見立てた料理。スズキふわっふわ!そしてバターの風味が生かされた赤ワインソースが美味しすぎる。
DSC05417.jpeg

あーーーん、美味しいよー!
何を食べて美味しすぎるよー!
終わりたくないよー!


ふふ、大丈夫。
まだ料理は続くのです。
続きはまた次回へ、、、。


昨日から冬時間になりまして、日本との時差は14時間になりました。


とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
NYグルメ-フレンチ | コメント:(4)
はいはいはーい。
お肉好きの人集まれー!

ニューヨーカーでこの店を知らない人はいない、ってくらい有名な老舗レストラン。
1937年創業の、
『Minetta Tavern(ミネッタ・タバーン)』@NYC(Greenwich Village)
DSC01329.jpeg
ミシュラン1つ星⭐︎、です。

店内は昔ながらのヨーロッパの酒場風。
白と黒のタイルの床やブースシートなど、レトロ感がたまらなく素敵。
DSC01330.jpeg
店を出るときには、店内もバーも満席御礼でした。

それほど大きくないダイニングルームにテーブルみっちり。席と席の間隔が狭い狭い。なんだかワッチャワッチャしてます。でもそんな距離感もこの店の雰囲気だからなのか、全然気にならない。
DSC01333.jpeg

ここはね、Black Label Burger(ブラック・レーベル・バーガー)$31.00っていう、熟成肉を使ったバーガーが有名なんだけど(NY一のバーガーとも言われてる)、、、
くま姫は、そのまんま熟成肉!を味わいたいのであります。
バーガーはまた次回でいいのいいの。

周りのお客さん約8割が食べてるバーガーをヨダレたらしながら待ってると、、、

来ましたー!私たちの肉ー!塊ー!
テンションあがるー!お客さんの目線が一気にここに集中したー!
DSC01334.jpeg

「今からカットしてきますね♪」と。

はい、美。
Dry-Aged Cote de Boeuf(ドライエイジド・コートドブフ)$143.00
2人前でございます。
これに、ローストしたボーンメロー、ちっちゃなレタスが付いてくる。
DSC01336_20170106232300efb.jpeg

45日間熟成した巨大リブステーキ。
火の通し加減(ミディアム)完璧!(はい、妊婦でしたからミディアム)
ミディアムにすると火が通り過ぎてることがあるんだよね。
そしてこの綺麗な綺麗な赤身肉。
リブステーキだから、脂の部分も結構あって、これがまた甘味があってとろけて美味いのよ。

そうそう、サイドにフレンチフライ$11.00もね。(奥に写ってるやつ)
DSC01337.jpeg

濃厚で旨味が凝縮された肉を喰らいつきながら、箸休めのサラダ。これがパリッパリでナイス食感、ナイスさっぱり。
DSC01338.jpeg

でっかいボーンメローは3本!
DSC01340_20170106232328199.jpeg

とろっとろのボーンメローと一緒に。
はっふぅ♡♡♡ 天国ですよ、天国。
DSC01343.jpeg

バーガーもいいけど、まずはステーキでお肉の味を試してからじゃないとね。
うん、バーガーも食べに行くよー!

(カビィくん、一緒にバーガー食べに行こうねー♡)


とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
NYグルメ-フレンチ | コメント:(4)
 | ホーム | Next »