最後の晩餐@シカゴ LAST DAY

2016/05/24 Tue 07:30

シカゴ旅行に長いことお付き合いくださいまして、ありがとうございますー。
今日で最後。
明日(さぼり癖ついてるからあさってかも、しあさってかも、来週かも)からNYグルメに戻りますー。

ステーキハウスの後は、シカゴでのラストミール!
『The Purple Pig(ザ・パープル・ピッグ)』@Chicago, IL
DSC08351.jpeg

ここ、初日の2次会で入ったら2時間待ちだったの。つことでリベンジ。
(シカゴの人気店は2、3時間待ちが普通なんだね。)

日曜の夜10時くらいに行ったらウェイティングなしで座れた。
DSC08549.jpeg

日中はビール漬け、ステーキハウスで赤ワイン。
もう喉が、、体が、、しょわしょわを求めてるー。つことで、迷わずばぼー♡
DSC08532.jpeg

店名に「豚」って言ってるくらいだから、豚が美味しいに違いない。
つことで、もちろん豚攻め!
豚料理以外のメニューももちろんあるけど、豚攻め!

Pig's Ear with Crispy Kale, Pickled Cherry Peppers & Fried Egg(ピッグス・イヤー)$10.00
DSC08533.jpeg

とろっとろ卵と豚耳のフライ、クリスピーなケール、チェリーペッパーピクルスをぜーんぶ混ぜ混ぜ。これ超うまです。豚耳は香ばしく、ケールのほろ苦さと甘酸っぱいピクルスをまろやか卵がキレイにまとめてくれた一皿。
DSC08535.jpeg

Smoked Pork Tongue with Tonnato Sauce & Salad Olivier(スモークド・ポーク・タング)$10.00
燻製の豚タンにクリーミーなツナソース。ほんのりスモーキーな豚タンにマイルドなソースがグー!ぶー!
DSC08538.jpeg

Pork Neck Bone Gravy with Ricotta(ポーク・ネック・ボーン・グレイビー)$12.00
豚肉のトマトシチューって感じ。とにかく濃厚、超濃厚!
DSC08543.jpeg

さっぱりリコッタチーズがいい仕事してますわ。
DSC08546.jpeg

"JLT" Pork Jowl, Tomato, Frisee, Pesto Aioli & Duck Egg(ポーク・ジャウル)$13.00
BLTならぬJLT。グリルした豚トロ、トマト、フリッセ、ペストアイオリソース。トッピングに鴨の半熟卵。オープンフェイスのサンドイッチ。もう間違い無いでしょ。
DSC08541.jpeg

卵さん、ちょっとどいてくれるかなー♪

あぁ♡ あぁ♡ あぁ♡
すいません、美味しすぎてあれこれ感想書けませんわ。
DSC08542.jpeg


くまちゃんと2人きりのシカゴ旅行。
食べた!飲んだ!遊んだ!もう悔いなし!
本当に楽しかったー!!!!!

また来るぶー。
DSC08550.jpeg


とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
スポンサーサイト
Chicago | コメント:(4)
最近ブログのさぼり癖が直りません。てへー。
そしてまだシカゴ記事が続きます。てへー。

ステーキハウスは食べ比べしたい、っつことで、1989年創業のこちらへ、
『Gibsons Bar & Steakhouse(ギブソンズ・バー&ステーキハウス)』@Chicago, IL
DSC08510.jpeg

数々の著名人が訪れるシカゴで大人気のお店。店の壁には写真がずらっと。こういう雰囲気って歴史を感じるよね。
DSC08512.jpeg

そして紳士淑女で賑わうラウンジエリアでは、グランドピアノを囲んで生ピアノ演奏を楽しんでる。めちゃアダルトっす。素敵。
DSC08513.jpeg

席に案内され、、、

まずはお肉の説明から♡♡♡
この手前の子の美しいこと!!!!
DSC08516.jpeg

目の前に肉見せられて興奮しないわけがない。
「そ、そそそそそそそれください!」←ただでさえしゃべれないのに、完全にどもった。

気持ちを落ち着かせて、ワインから♪
DSC08514.jpeg
ワインがめっちゃリーズナブルでビックリした。

シカゴの老舗ステーキハウスのお約束で、ステーキオーダーすると、最初にサラダかスープがでてきます。
DSC08520.jpeg DSC08519.jpeg

ステーキが、、、

き!きましたーーーーーーーー!!!!!

姫、W.R.’s Chicago Cut (22 oz)(シカゴ・カット)$53.75
骨つきリブアイステーキです。その重さ約624g。大迫力♡
DSC08521.jpeg
ステーキはいつもミディアムレアだけど、このステーキはミディアムがオススメとのこと。なので、郷に従ってミディアムで。

あぁ~~~~~ん、肉汁溢れる~~~~♡ まじで肉汁パラダイス。
そしてこの肉本来の味が楽しめるウェットエイジングが美味しすぎるよ~。赤身と脂身の香ばしさがたまりませーーーーん!
DSC08530.jpeg

くまちゃん、Filet Mignon (14 oz)(フィレ・ミニョン)$49.25
DSC08523.jpeg

この見事な火入れに恋落ち♡
今まで数え切れないほどのフィレステーキ食べてきたけど、このウェットエイジング、この店の、このフィレ、が人生で一番美味しかったと。ステーキなのに、歯がいらないくらいの柔らかさ(実際にはいるけど)。エレガントな味わいの赤身肉。いやー、これ本当に美味しかった。
DSC08529.jpeg

大盛りFrench Fries(フレンチ・フライ)$6.75をサイドに、美味しく美味しくいただきました!
DSC08524.jpeg


あー、毎日でも食べたいステーキ。
ギブソンさんは絶対リピだなー。


この後の2次会でシカゴ記事終わりますー。


とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
Chicago | コメント:(4)
あぁ、シカゴ最終日。
もっと遊びたい、食べたい、飲みたい。

朝のお散歩にと、こちらの野外マーケットに来ました♪
『Maxwell Street Market(マックスウェル・ストリート・マーケット)』@ Chicago, IL
DSC08472.jpeg
曇ってるからWillis Tower(ウィリス・タワー)←旧名シアーズタワーじゃないとピンとこない響き。が見えなーい。

冬はお休みで、毎週日曜に開催されてます。
ここはリトルメキシコ!?な雰囲気。
衣服、生活用品、アンテーィク、野菜や果物、そして食べ物屋さんが並びます。
DSC08466.jpeg DSC08478.jpeg

シカゴ・ブルースは、ここマックスウェル・ストリートで作られたと言われてるんだけど、その名残か、この日もブルース・ミュージシャンたちが演奏して、マーケットを盛り上げてたよ。
DSC08464.jpeg

このマーケットでは、あっちこっちで出来たてメキシカンが食べられる。
もちろん皮から手作りのトルティーヤ。この絵で素通りなんてできないでしょ。
DSC08475.jpeg

牛タンとスパイシーポークのタコス。めっちゃ本場の味!美味しすぎた。
DSC08477.jpeg
ちなみに食べた店は、有名な『Rubi's』さんでーす。

メキシカンの雰囲気を楽しんだ後は、
さぁ、本日のメインイベントへ!!!!

『Lagunitas Brewing Company Chicago(ラグニタス・ブリュウィング)』@Chicago, IL
DSC08480.jpeg

アメリカでは名の知れたビールだよね。特にIPA♡

カリフォルニアを代表するクラフトビールなんだけども、なんとブリュワリーがここシカゴにもあるのでーす!しかもクラフトビール・ブリュワリーの中では、アメリカ最大の規模を誇ります。とにかくでかい!
DSC08481.jpeg

タップルームに行くまでが楽しいったらありゃしない。
テーマは、映画「チャーリーとチョコレート工場」、の大人バージョンで「チャーリーとビール工場」♡ あのファンタジーの世界を大人が楽しめる雰囲気を作り上げてる。小人ウンパルンパが出てきそう♪♪♪
DSC08500.jpeg

壁一面にビールキャップ。
DSC08497.jpeg

でも引いてみると、色っぺー姉ちゃん。「タップルームへかもーん♡」
DSC08498.jpeg

はい、でかいー。
DSC08496.jpeg

サーバー前のカウンター席げっつー。見たことない銘柄ばかりで興奮します。
DSC08485.jpeg

どこでも飲める定番IPA以外は、はい、もちろん一通りいきますよ♪
DSC08487.jpeg

食事もできるブリュワリーなんで、ここでさくっとランチ。
DSC08488.jpeg

このバーガーが肉肉しくて肉の旨みたっぷりな美味バーガーだった。
DSC08489.jpeg

いやー、もう大満足。大人の遊園地だわ、ここ。
んで、帰り道も「チャーリーとビール工場」を楽しみながら帰りました♪
DSC08492.jpeg

かなり飲んだから体を休めようとホテルに戻ろうとしたら、、、
くまちゃんが「『Eataly』で一杯しよう!」、、、ってもう十分一杯してきたんだけど。。。
DSC08509.jpeg

そう、シカゴにもイータリーあるんだよねー。

Revolution Brewing』で飲めなかった1Z Enuff(IPA)が飲めたー。
DSC08502.jpeg

結局、一杯で終わることはありませんでした。
楽しい美味しい幸せいちゃいちゃー。でれー♡
DSC08507.jpeg


こっからそのまんまディナー突入!
れっつらごー!


とってもとっても楽しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
Chicago | コメント:(4)
はー、やっと2日目が終わるー。

シカゴのベストバーガーと言われてる『Au Cheval』に行きたかったんだけど、なんと3時間待ち!
ありえませーん!待てませーん!
ま、でもいいのいいの。そんなこともあろうかと、プランBがありましたから。

その店のまん前にあるブリューパブでビール〆しましょう♪

『Haymarket Pub & Brewery(ヘイマーケット・パブ&ブリュワリー)』@Chicago, IL
DSC08446.jpeg

ブリューパブですからね、もちろん店内にこのようなビールタンクありますよ。
DSC08450.jpeg

このとおり、タップもずらずらずら〜〜〜〜っと。テンションあがるねー。
オリジナルビールが10〜12種類。あとはゲストビールが数種類。
DSC08449.jpeg

ここのビールは、クラシック・ベルジアンとコンテンポラリー・アメリカンタイプを得意としてます。IPAが4種類あったのは嬉しい。
そしてもひとつ嬉しいのが、テイスティングサイズ(4 oz.)が2ドル弱で楽しめちゃう♪

つことで、ぜーんぶお試ししちゃおう、そうしよう。
DSC08448.jpeg

特に好きだったのを感想少しだけ。
Aleister American I.P.A.は、アマリロホップを大量に使用していて、柑橘系の甘味のある香りがふわ〜っと広がる。これやばい。
そして、Batch #500 'Big Bird' Imperial American Belgo Rye I.P.A.、金賞受賞してるこのIPAはアルコールも9度と高め、そしてなによりもホップの香りが力強い。ホッピーでスパイシーでとても複雑な大人なビールでした。最近インペリアル系はまってるのよねー♪

もうつまみはいらないと思ってたけど、、、
ビールにジャンクはお約束ってことで、巨大ピザ頼んじった。幸せー♡
DSC08452.jpeg

まだまだ飲むー。
そしてウイスキーショットも始めるー。
DSC08460.jpeg

くまちゃん調子乗りまくりで、ガンガンショットオーダーされちまいました。ま、飲むけど♡
DSC08456.jpeg

はー、やっと2日目が終わったー。


とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
Chicago | コメント:(4)
ブリュワリーに2件しか行けなかった理由が、、、
超人気レストランに4時半に行かないと行けなかったから。

『Girl & the Goat(ガール&ザ・ゴート)』@Chicago, IL
DSC08400.jpeg

電話もオンライン予約も2、3週間先まで満席の人気店。
(この旅行自体2日前に決めたしね。そりゃ無理だ)
オープンと同時に来れば多分座れます、と言われたので、頑張って行きましたよー。

まだ腹にはホットドッグとイタリアンビーフ、そしてビール残りまくりですが、、、。
DSC08403.jpeg

はい、4時半でこの通り。速攻で満席になりました。かなり広いダイニングで、この盛況っぷりはホントすごい。
DSC08420.jpeg

最後のカウンター2席ゲッツ。あぶねー。
DSC08409.jpeg

店名にゴート(ヤギ)ってついてるくらいだから、ヤギ料理は食べておかないと。めー。

Goat Carpaccio(ゴート・カルパッチョ)$14.00
人生初の生ヤギ。なんてフレッシュで滑らかな口当たりなんでしょう♡ オリーブメープル・ビネグレットの甘酸っぱさとアクセントの燻製イクラとの相性が抜群。天才的な一皿。
DSC08405.jpeg

Duck Tongue(ダック・タング)$16.00
鴨の舌は中華料理ではよく見るけれど、洋食でいただくのはお初。これがまぁ絶品。周りはカリッと揚がってクリスピー、でも身(舌)はフワッと柔らかい。ピリピリ(唐辛子)ソースがぷちスパイシーでめっちゃ美味しい!
DSC08410.jpeg

こちらはサービスのピエロギ。今が旬のランプ(行者にんにく)を使った揚げピエロギ。春の香りがしましたー♪
DSC08412.jpeg

Escargot Dumplings(エスカルゴ・ダンプリング)$17.00
もちもちつぅるつぅるなエスカルゴ入りの水餃子。ちょっぴり甘めのベーコンタマリンドソース。こういう食べ方面白い。うちにエスカルゴあるから姫ご飯で挑戦しよう。そうしよう。
DSC08414.jpeg

Confit Goat Belly(コンフィ・ゴート・ベリー)$19.00
豚バラじゃなくて、ヤギ腹肉のコンフィ。バーボーンバターソースがしつこいかな?と思いきや、リッチな味わいがベストマッチ。そしてヤギ肉にロブスターと蟹を合わせたりするところが斬新。フェンネルの香りの爽やかさがプラスされ、これまた天才的な一皿。
DSC08415.jpeg

Wood Oven Roasted Pig Face(ローステッド・ピッグ・フェイス)$19.00
トロットロの豚の顔の肉。とにかくトロットロ。でもオーブンで焼き目をつけて、こんがり香ばしく。そこにワインメープルソース。甘い&塩っぱいの大好物の組み合わせ。
DSC08416.jpeg

でれー♡♡♡
卵、肉、ソースをぐちゃぐちゃーっと混ぜていただきます。も・ん・ぜ・つ♡♡♡
DSC08417.jpeg


4時半にディナー食べたの初めてっすよ。
つことで、夜はまだまだこれからってやつね。
はい、2件目。
『The Publican(ザ・パブリカン)』@Chicago, IL
DSC08429.jpeg

クラフトビールの品揃えが素晴らしい。
DSC08423.jpeg

そして、こちらのお店も大盛況!満席御礼!!!
DSC08430.jpeg

2時間待ちと言われ、、、、

諦めて帰ろうとした時、相席立ち飲みなら食べれるよ、と言われまして。
DSC08432.jpeg

はい、立ち飲みでワイワイしちゃうー♡
DSC08437.jpeg

Spicy Pork Rinds(スパイシー・ポーク・ラインズ)$6.00
豚の皮を揚げたアメリカ人の大好きなスナック。超さっくさく!ピリッとスパイシーなのもぐー!
DSC08439.jpeg

Suckling Pig(サックリング・ピッグ)$27.00
イリノイ州のSlagel Family Farmさんの豚。まぁ、臭みがなくて肉に甘みがあってクセのない美味しい豚なんですわ。
DSC08440.jpeg

Dry-Aged Sirloin(ドライエイジド・サーロイン)$22.00
こちらもSlagel Family Farmさんからの牛。を熟成させてさらに美味しく。
DSC08443.jpeg

この焼き加減とか犯罪でしょ。肉の旨みたっぷり♡ あー、赤ワイン止まらーん!!!
あ、でもフェタチーズの香りが強すぎたから、個人的にはなしで食べたほうがいいかな。
DSC08445.jpeg


シカゴのレストラン超いけてた。
そりゃ予約は取れない、待ち時間は2時間っていうのも納得。
ニューヨークのレストラン、うかうかしてらんないぞー!

で、これで終わりだと思った?
くま姫がこれで終わるわけがない。ないないない。

2日目のシカゴ旅行、明日に続くー。


とってもとっても美味しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
Chicago | コメント:(5)
 | ホーム | Next »