FC2ブログ
昨日はひっさしぶりの神戸。
って、今どこに行ってもひっさしぶりなんだけどね。

お昼から優雅におフレンチしてきましたぁん♡
『ラ メゾン ドゥ グラシアニ 神戸北野』@三宮
DSC00192.jpg

武井シェフが今こちらにいらっしゃるんです。行かないわけにはいかないでしょう?

神戸・北野町は国から重要伝統的建築物群保存地区として選定されており、こちらの邸宅『旧グラシアニ邸』は、他の異人館同様に、伝統的建築物として指定されているんです。
DSC00193.jpg

フランス人が住んでいた邸宅のようですが、こんな素敵なおうちに住んでみたーい!

ウェイティングからは厨房の様子も見れました。
DSC00243.jpg

2階に上がると、光が差し込む素敵なダイニング。暖炉もいい感じ。
DSC00203.jpg

さて、今回ご一緒したのは、武井シェフのマダムと〜♡
ショワショワじゃなくって、ちゃんとシャンパンでかんぱーい!
っくー、昼から贅沢だぜ。
DSC00201.jpg

このステンドガラスのサービスプレート美しいでしょ。神戸の名所などをデザインしたもので、一人一人違うんです。
DSC00198.jpg

シャンパンに合わせて、まずはアミューズから。
女性心くすぐりまくりの一口サイズの繊細な料理たち。
DSC00206.jpg

自家製パンには、フランスの海藻入りバターと北海道の発酵バター。
ちゃんとしたとこでも言っちゃう。ベロベロしたい♡
DSC00208.jpg

頂いたメニューは、特別メニューでこの日すべての料理が初お披露目だったそうです。
ありがとうございます♪
DSC00219.jpg
(メニューがないので、「手書きでください」とお願いしたら、即作ってくれた。こういうサービスさすがよね)

さて、お料理いきましょう!

フォアグラと里芋のマルブル。
フォアグラ好きには前菜からいきなり顔がにやけちゃう一品。濃厚まったり。春菊のピュレもいいアクセント。
DSC00212.jpg

ワインは、おほほ♡なChateau d'Armailhac(シャトー・ダルマイヤック)。
DSC00214.jpg

鳴門産足赤海老のビスク。
DSC00215.jpg

濃厚なスープが注がれます。
赤海老のおせんべいの食感も楽しいし、海老の甘さと濃厚スープで口の中がヘブン状態になります。姫のど真ん中。毎日食べたい。
DSC00216.jpg

活けあこうのヴァプール。
高級魚あこう(ハタの仲間)に白ワインのキャビアソース。魚の旨味甘味が引き出されてます♪
DSC00221.jpg

仔羊のロティ。
臭みのない柔らかくしっとりしたラムちゃん。お野菜も大変大変おいしいです。あー、このラム、100枚食べたい。(基本好きなものは全部100単位)
DSC00223.jpg

アヴァンデセールは、巨峰とチーズみたいなヨーグルト。サプライズでぱちぱちキャンディが入ってるの。これ食べてて楽しい!デザートじゃなくて、今度料理で使ってみようと思う。
DSC00232.jpg

もっとサプライズだったのは、きゃー!なバースデーメッセージ♡
シェフぅ、覚えてくださっていたのですね。(って、先日NY来た時にしつこく「誕生日だから!」って言ったような、言わなかったような。。。w)
DSC00239.jpg

ダブルエスプレッソでご馳走さまでした。
DSC00240.jpg

・・・・・・・・。

なーんちゃって。
テラスで飲み直しましたw
DSC00248.jpg

プティフールと共に。全然ビールに合わないw
DSC00252.jpg

こんなに豪華でおいしい料理をご馳走になってしまいました。
シェッフー、ありがとうございます!!!

みんなで記念撮影。こちらのレストランで腕をふるう金丸シェフ、とってもお茶目で楽しい方です。たまにジョークが早くてついていけなかったけど。。。
DSC00257.jpg

サービスの方達もフレンドリーで気持ちよくお食事ができるレストラン。
超お薦め!NYにもこういうレストランぷりーず。

お・ま・け♡
なんか、プロフィール写真みたく撮れたw
DSC00270.jpg

武井シェフですが、常にこちらのレストランにいるわけではなく、屋久島の『Sankara』や、NYのお城レストラン『Equus』など、あちこち飛び回ってます。

あ、もちろんこのまま京都に帰るなんてことはしませんよ。
この数時間後に3人で飲みに行きましたー。その様子はまた明日。


武井シェフ、Chiさん、
昨日はご馳走さまでした。そして楽しく素敵で優雅な時間をありがとうございました。
中身はおっさんな姫ですが、久しぶりにマダム気分味わっちゃいました♡


とってもとってもおいしゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
京都(姫の実家) | コメント:(4)
« Prev | ホーム | Next »