FC2ブログ
楽しみにしてたこの企画がまたやってきましたー!
姐さん邸で開催されるクラフトビアテイスティングパーチー☆☆☆

今年はまりにはまってるビールなので、テンションずーっとあげあげ。

んで、もっとテンションあげてくれるのがこのメニューボード。
DSC02501.jpg
↑寛ぐ気満々でジャージで参戦。ふふ。

今回は『Finback』と『Captain Lawrence』から旬テイストなビールに、豚ラバーなお姫は、豚料理を3品持って行ったどー。

こちらはウェルカムドリンクとして用意されたビールたち♪
冷蔵庫とバスタブにも主役のビールたちが冷えてました。っくー、見てるだけで喉乾くぜ。
DSC02500.jpg

おもてなし上手な姐さん夫婦。
一人一人違う紙のプレースマットの裏にはハンバーガーのレシピがあったり、コースターには飲むビールがプリントされてたり、ひねりぐあいがニクい。
DSC02495.jpg

ちょっと早く着いたので、喉を潤しながら邪魔しながらカラマリフライつまむ。
出来立てあちあちは最高のご馳走♡
DSC02499_20140929213650a17.jpg

今回のメンバーも第1弾と同じメンバー。
Chizukoさんは遅れてくる(いや、もしかしたら仕事で来れない?)ので、先に始めちゃいまーっす!!!
DSC02511_20140929213749b9e.jpg

飲んでるビールが一目瞭然。このアイディアいただき!と言いたいところだけど面倒だから無理だわw
DSC02509.jpg

オレゴン州はポートランドからやってきたシャリュキュテリーたち(鹿のパテ、牛ハツのテリーヌ、ポルケッタ、タッソハム)。
鹿のパテがほんのり甘くてにんにくきいてて、めちゃうまー!程よいゲイミーな香りがクセになる♡
DSC02496.jpg

豚耳のピリ辛サラダ(姫作)。
持って行った『Finback』のDouble Sess(ion)に合わせたくてね。山椒とラー油をきかせて四川風に。
DSC02498.jpg

間違いない春巻き。
DSC02513_20140929213743689.jpg

姫も揚げ物得意だけど、姐さんの揚げ物も天才的☆
DSC02506_2014092923081282a.jpg

ケイジャン・シュリンプ。
ニューオリンズの風が吹きましたわ。スパイシーで奥深い味と香り、これライスとか麺を絡ませて食べたいー。
DSC02516_20140929213829a14.jpg

中華風チャーシュー(姫作)。
八角きかせて大人の味に。トロットロのトロットロ。
DSC02524.jpg

料理はまだまだありまして、コリアン風チキンタコス。
コチュジャン香るピリ辛チキンにモッツァレラチーズが絡まって、美味しいったらありゃしない。
DSC02528.jpg

余ったお肉は、鉄板でそのままどーぞスタイル。チーズがびよーんて♡
DSC02529.jpg

ボトルがかわいすぎる♡
勿体なくて飲めないよー。って、言ったそばから飲むけど。
DSC02510.jpg

ご馳走の香りに誘われて。肉が好きな猫って、、、さすが姐さんの子だわw
DSC02522.jpg

そして、豚料理と言えばこいつでしょう、ボッサム!(姫作)。
DSC02532.jpg

築地でしか買えないと言う貴重な肴はKenちゃんから。
高級魚のどぐろにイカ墨するめ。うわー、日本酒ー!って心の中で叫んだ。
DSC02523.jpg

どんちゃん騒ぎは夜な夜な続き、
0時過ぎにやっとこさ仕事終わりでChizukoさん登場。

エレベーターあけたら、こんなん出ました。
サプライズでちょっといたずらしたら、本気でびびられた。貞子な双子♡
IMG_1238.jpg

またまたやってくれました。相撲部屋オープン!へい、どすこい。
深夜の量じゃないジャージャー麺。
肉味噌うますぎてズルーッといけちゃうんだわ。女将さん大好き♡
DSC02539.jpg

Chizukoさんから八海山バームクーヘン。
キャラメル風味で優しい甘味。白いのはただの砂糖やおまへんで、八海山大吟醸使ってまっせ。久しぶりにスイーツで落ちました♡
DSC02536.jpg

2時半にお開きとなり、
飲んだビールを並べてみる。写真に収まりきらなかった。
ビールは続くよどこまでも。
DSC02541.jpg


ビールは本当に奥が深い。
新しい発見で興奮の連続。
この会には女将さん、じゃなくて姐さんの絶品手料理もペアリングされてるし、本当に楽しいのだ。第3弾はいつかしら〜♪


この日もとことん飲みたくて(いつもとことんですけども)、シティにお泊まり。朝からせっせとビール汗流しましたよ。ちゃんぽんしなかったら二日酔いにならんかった。ホッ。


とってもとっても楽しゅうございました。
くまちゃん毎日ありがとう
お呼ばれ | コメント:(12)
« Prev | ホーム | Next »